RJTT VOR A Approach 進入機を撮る

今日の川崎は風もおだやか昼には晴れ間もみました。
昨日の土曜日はといえば。。。

天気予報では南よりの風でしたので、Dラン降りを期待し、後ろからストロボライトを狙おうとしていました。
ところが、5時前後に家をでて、無線の電源を入れると、ATISから信じらない声。
VOR Alpha Approach. Landing RWY2216L!!

そして、城南野鳥橋から景色をみつめ、考えていますと、radioにApproachの声。
きくと34RのILSもAvailableらしい。

ところで、そのVOR A のチャート抜粋がこちら。 一見なんてことはなさそうですが、
ルート図をみると...

#1. いままでのVOR-C 16Lは、300度で入ってくる。
今度のVOR A は274度。 SAZANをこえて右に旋回。その後しばらく直進、
ぐるっと廻って、16Lのラインに乗せる。
(チャート上には、コースはかかれていません。点線はミスドアプローチですね。)
c0101927_20284642.jpg






#2 こちらいままでのルート。右には旋回せず、左に大きくターンして降りていった。
c0101927_2223897.jpg


#3 そして 5:20.定刻より40分早く現れたのは、NH0152 from Singapore.
このときの撮影感度はISO4000 SSは1/200秒です。レンズは開放F5.6のトキナAT-X400
c0101927_20392219.jpg


#4 ここが肝の右旋回。このときのMETAR。
RJTT 082030Z 20016KT 9999 -SHRA FEW015 SCT020 BKN030 16/13 Q1018 NOSIG
c0101927_2044276.jpg


#5 しばし直進します。 
c0101927_2055251.jpg


#6. ここから左に切り込みを開始。
c0101927_21102658.jpg


#7 風に負けないためにぐっと左へ
そうです機体レジはJA621A ウイングレットのついた機体。
c0101927_21225249.jpg


#8 少し戻しました。
c0101927_2126497.jpg


#9 ここから、旋回の頂点まではもうすぐです。
c0101927_21404341.jpg


#10 見慣れた旋回かもしれませんが、今日は違います。この機体は国際線。
c0101927_21522150.jpg


#11 シャッターは1/250秒そこそこでしたが、翼端のANAマークなんとか収められました。
c0101927_22134392.jpg


#12 懐かしいようで、新しい。 でも正直見られるとはおもわなかった。
c0101927_22181112.jpg


#13 最後はご愛嬌。機体にあわせたはずが。。ピンボケ。でも機体は地面平行ですね。
c0101927_22212514.jpg


まさかこのAアプローチをこの時期に目の当たりにするとは。。。
まず、その場所に立つこと。写真はそこから。
by qchan1531 | 2011-04-10 20:28 | Comments(14)
Commented by dg-3010 at 2011-04-11 18:13
こんばんは。え!? VOR-Aアプローチが見れたのですか。
てっきり現実的には殆ど見れない幻の運用かと(大げさですかね)・・・(^^;
この先、私も遭遇できる時があるのか・・・といってもたまにしか行かないから
チャンスがかなり少ないのは間違いないですね。
Commented by qchan1531 at 2011-04-11 19:39
★dg-3010 さん、
こんばんは。はい。見ました。最初D展に向かっていたのですが、無線を聞いて、驚きました。
34Rもおりられましたが、パイロットはVOR-Aを選択したようです。通常この時間帯は23おりですし、風も強風とはいえ200度でしたが、黒い雲が速く低くたれこめていましたので、16になったのかもしれません。22がNot availableだった理由はわかりません。早朝の騒音規制でしょうか。
Commented by kotodaddy at 2011-04-12 07:18
>まず、その場所に立つこと。写真はそこから。
写真ってのは、まずはカメラ持って出掛けることから始まりますからね。
朝だろうが夕方だろうが、晴れだろうが雨だろうが、とにかくカメラ持って
行ってみる事から何かが生まれる訳ですね。
含蓄のあるお言葉、ありがとうございました^^;
Commented by kazuki-papa at 2011-04-12 18:56
右旋回の意味合いは、航跡図を見て初めて理解出来ました。
しかし、この進入は早朝夜間限定でしょうね。
見られただけでも大変羨ましいです。やはり現場に立たねば...
Commented by wisteria_apr at 2011-04-12 19:02
こんばんは。
確かに通常ならCアプローチだと思うのですが、珍しい事もあるんですね。
夜間でもR/W22で降りると思っていたので条件が重なったのでしょうか?
これこそ、現場に立ったものの勝利ですよ!^_^v
Commented by granpatoshi at 2011-04-13 11:30 x
こんにちは♪
う~む、なるほど。現場に立つことと同時に、Qchanさんの並々ならぬ
知識が成せるワザでもあると思いました。私なんぞ、何となく無線を
聞いていて、「あ、次はANAだな」と思う程度ですから。通うこと、知識
を蓄えること・・・勉強になりますた^^。
Commented by a10-point at 2011-04-13 11:30
こんにちは。
夜間早朝時の南風の運用はこうなるのですか。
早朝から無線機から流れる情報を意識してると非常に珍しい運用が
見えるもんなんですね。
風を読む事でいろいろなモノが見えてきそうでお勉強になります。
Commented by qchan1531 at 2011-04-13 20:25
★kotodaddyさん、
またまたこんばんは。
今回も?、飛行機が本当にAアプローチでやってくるんだろうか?と、この目で見るまで半信半疑でしたが、
本当にきたあとなると、後からちいさなガッツポーズが。
眠くって、モチベもあがらないし、でも足を運べば、こうして
なにかあるんだなあと、改めておもいました。
引用いただいたこの言葉は、自分に言い聞かせているだけであります。日記ですから。
Commented by qchan1531 at 2011-04-13 20:50
★kazuki-papa さん、
木場でもお会いしたかっであります。
どこまで追いかけても飛行機は旋回しておらず。。。
ツイートしましたが、早朝限定ではないですよ。
詳しくは、後半で。。。
Commented by qchan1531 at 2011-04-13 20:59
★ wisteria_apr さん、
こんばんは。
そう、珍しいことはあるのであります。
現場に立つ、なんていいますと、仲よさそうにD展で朝日を狙ってたときのお二人を思い出しまする。
あのとき、私正直申し上げて、撮りにくかったです。
気になるのですよ。やはり。楽しそうにされてますと。
同じ趣味を持つというのは、これから長く生活されるなかで、
すごく+ですよ。間違いないです。
Commented by qchan1531 at 2011-04-13 21:06
★granpatoshi さん、
こんばんは。この場所(正確には公園のほうですが)は、
グランパさんのシマでしたね。
先日ちょいとウワサしておりました。
16Lのアプローチがなくなると聞いていたとき、
このAアプローチができるというのは真っ先に頭に
たたきこんでいました。
どれだけ例外的であるかもわかっていますので、
現場に着いたら、残念でしたはいランチェンです。
てのは織り込み済みでした。
だけど、このときは味方してくれた。ある意味それだけです。
運が良かった。
1機1機ぜんぜん違うんですよ。そりゃあ興奮します。
Commented by qchan1531 at 2011-04-14 07:24
★a10-pointさん、
こんばんは。後半で?もう一度チャレンジしたいとおもいますが、南風のときでも深夜早朝は23が基本です。
この日は23がnot availableだったために16Lになっています。
(ちなみに22は16Lもだめだったときにはじめて運用されます)
風を読むといろんな愉しみがもてますね。光を読むのもしかり。
Commented by ナカレオ at 2011-04-26 08:35 x
すみません訪問遅れました、と言うか辿り着きませんでタイトルのqと1は覚えていたのですが(汗
おぉ、これがあの時の例のレアな機体ですね、私はそんな事も露知らずスルーしてしまいました、撮っとけばよかった~(未だに後悔
またお会いすると思いますので、その際は宜しくお願いします!
Commented by qchan1531 at 2011-04-26 21:18
★ナカレオ さん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
あの日はこのVOR-Aの興奮もありましたが、風の中、船のお話で
楽しい時間をすごすことができました。
ありがとうございました。 連休はAmericanが帰ってくるようですので、朝6時ころからウロウロしています。
ぜひまた楽しいお話をお願いいたします。
Linkいただきます。
<< 華を添える タイにザナドゥ >>