カテゴリ:PENTAX FA★200mm F2.8( 109 )

写し取る

風はある。雨も降る。飛行機は来る。撮る。写し取る。
流し撮りとかどうとかでない。その場所、その天候のなかで、どうすれば一番美しくとれるか。
迫力を表現できるか。
三脚をすえないときは、意味もなく動き回る。
それで調子をとっているんだ。自分にこれでいいと言い聞かせてるのかもしれない。
脚が上がらなければダメだ。一番いいところですーっと持ち上がってくれなければ、動きがでない。
後ろの飛沫も一番じゃなきゃだめだ。もっともっと。
c0101927_22201314.jpg

by qchan1531 | 2012-07-09 22:20 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(6)

Eyecatchers

お仲間に紹介された飛行機写真のアルバムサイトのひとつ。
UKベースのAirplane-Pictures.net.
スクリーニングで認定された私の採用打率は2割台。
ぎりぎりのラインで自分の世界を表現したい。

やっと想いが通じました。ホームの"Eyecatchers"ページに自分の写真が出ています。
うれしいです。PENTAX K-5のCTE(Colour Temperature Enhancement)のおかげ。
ワイヤーをかいくぐった、FA★200mmF2.8のシャープな描写のおかげ。
やっと送りだせるという整備さんの安堵感。
夕陽が機体をやわらかく包み込む。

※サムネイルですみません。ぜひクリックしてサイトを観てみてください。
すばらしい写真がたくさんあります。
by qchan1531 | 2012-05-23 08:11 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(0)

週末になりますね

ああ。一週間がやっと片付いた。。
今日の夜空もなかなか綺麗でありました。
来週の今頃は、世の中金柑?いや金環日食で大騒ぎなのかな。

仕事帰りは写真家ハービー山口さんの本を読みながら、にやにやしておりました。
Twitterのつぶやきでお会いできるかも?と銀座のライカに走って行き、
店頭で購入しているところへハービーさんが現れてサインをしていただいた大切な本です。

ライカとニコンでつづられたポートレイト中心のモノクロ構成に、写真との出会いや想いが
つづられています。”撮りたい被写体に出会うこと”、このくだりがとても印象に残りました。

ずーと写真のことばかり考えています。仕事の行き帰りに出会う風景や、人の表情、なんでもない風景。
最近ちょっと行き過ぎかな?とも思える、鮮やかな夕陽をただ見つめているときもしばしば。

このBlogにも書きたいことがたっくさん。その何倍も撮りたいものがたっくさんあります。
いつまでたっても実行に移せない、コンテストへの応募とか、
トーンカーブに苦しめられる飛行機専門のアルバムサイトとか。

写真集も作りたい。USサイトの自費出版的なものも気になって仕方ありません。
もっと面白いことを仕掛けてみたい!そんな思いもある。このBlogのお仲間の方々お一人お一人とも
夜が明けるまでお話していたい。そんなこともいつも思います。

明日は久々に青みの残る週末の空を拝めそうです。
c0101927_2323953.jpg


思いっきり光を浴びてこよう。
そこで感じた何かから自分の表現を考えていこう。そんな風に思っています。

おっとこの写真。ペンタックスですよ。FA200mm手持ちです。お尻が切れたのが痛恨ではありますが、
まあいいや。そんなもん小さいことや。息子と二人、連休最後の夕暮れに。気楽にとったスナップ飛行機。。
by qchan1531 | 2012-05-11 20:21 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(2)

Photo Taken by PENTAX K-5 + FA★200mm F2.8ED

こんばんは。
相変わらず、夜撮やっております。
今回はPENTAX。
三脚は立てていますが、200mmで撮影しております。
以前からやりたかったのですが、先に500mmからやっつけて感覚をつけてから、と
ずっと我慢の子でありました。(^^
200mmとはいえ、一発で簡単にいくほど甘いものではござんせん。
そこそこかなと思ったものも、家に帰るとなぜか最後の瞬間の光跡にへこみがあります。
レンズの筒上で三脚固定せず、カメラ本体で固定していますが、そんなことは関係ない。
さて。。どうしてこうなるのかな?
c0101927_23234147.jpg

肝心の写りですが、Nにくらべると上品かつ繊細。
解像力では負けていますが、ノイズの出方も汚さがないのは不思議です。
まあ、相当贔屓目がありますが。
(縮小でビミョーに甘くなっていますので、クリック一発で見てくださいね)

世界中のPENTAXユーザの皆様。いいカメラいいレンズですね。
by qchan1531 | 2012-01-16 23:31 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(4)

Boeing 787 羽田空港A滑走路を離陸 -SROV day1-

目が覚めた。奇跡である。なんとなく眠りについて明日はたぶん行かないや、とおもっていたのに、
である。なんだろう。
少しぼーっとして窓を開けると雲の隙間に晴れ間がある。4:30。
そこからは久しぶりの駅まで猛dash.ただひとついつもの週末と大きく異なることは、
あくまで仕事に行くということだ。その前にちょっと寄り道。

空港。
飛行機は、予定の30分をすぎてもやってこない。7時をまわるころ、女性の声がラジオに。
来た。アタリ!
目の前をとおりすぎた787は視線から離れエンドで折り返す。ブレーキを掛けず、
ゆっくり惰性で動きながら、そのままスタビライズをまつ。クーオー。RRのエンジン音が
高くなると、飛行機が滑り出す。

ここで、目の前で、上がる。きっと。
経験から思う単純な発想。ほらきた。その瞬間ふわっと。
少しだけ左に傾いているのは、サービスかな。と思い込み。
c0101927_20353570.jpg

この場所で、少ないながら何度か練習した結果があって、今日がある。
たまには自分に感謝もいいかもしれん。
by qchan1531 | 2011-07-05 20:35 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(28)

翼のたわみ

はっきりしない天気が続きますね。
今日の羽田にはMETARには、-DZ(霧雨)という現況がでています。
さて、すでにご存知と思いますが、来週の日曜日7/3の早朝に、待ちに待った飛行機が飛んできます。
最新のBoeing787です。ずいぶんと納入が遅れていましたが、やっとお目見えとなり、
今回はローンチカスタマーのANAのProgramの一環ということで、日本中をTEST飛行するようです。
で、写真のほうは、おなじBoeingのB777-300ER型。
欧米の長距離線でしょうか、ずいぶんと翼が撓っていますが、
787はこれをはるかに上回るしなり具合。
c0101927_17232796.jpg


頭上を通り過ぎて、テレコンの400mmにもう一度ピント指令を出していきます。
c0101927_17351997.jpg


翼が綺麗に入りました。
同じ角度で787を撮ってみたいですね。
c0101927_17354330.jpg


さて来週の天候はどうでしょうか。北米便、早朝の南風ならRWY23、さて北なら。。

※撮影:2010/9 NRT 34LエンドにてJPEG撮影
by qchan1531 | 2011-06-26 17:49 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(13)

タイにザナドゥ

羽田空港国際線ターミナル。22時をすぎるとつぎつぎに外国便が降りて来る。

定刻より20分早く来たのはTG660. 細身に見える346よりバランスのいい345.
エンジンカウルにライトがあたっているところが、いいんですよ。
c0101927_10324741.jpg


More
by qchan1531 | 2011-04-08 11:08 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(2)

Japan Air 513

本日2/11撮りたての1枚です。
c0101927_102864.jpg

さきほど9時ごろに飛び立ったJL513便。
実は、上がり旋回を狙いに定位置に行きましたが、さすがに機影がまったく見えず断念しました。
がんばれジャンボ!!
by qchan1531 | 2011-02-11 10:31 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(6)

その瞬間を静かに待つ

羽田空港の国際線ターミナルがOpenして、まもなく2ヶ月になります。
特に夜もまったく暗さを感じさせない、そのビルに魅力を感じ、気がつくとほぼ毎週のように
通い続けていました。 まったく旅行にいくわけでもないのに。(笑)

もう12月。左右(南北)に広いデッキも、端にいくと風の影響もうけ、
ビルの中からの明かりも届かなくなります。

でも、その瞬間をまっていれば、こうしたシーンにも出会えるのです。

c0101927_22564058.jpg



RWY22に着陸し、B-TWYで鋭角にターンしようとするANAの機体。
カーブにはいる前に一瞬とまったようになるその瞬間。
ほのかにグリーンにみえる機首は、ゆっくりまわる空港灯の影響かもしれません。

こちらもデビュー2ヶ月をむかえるK-5クン。いまのところの感想ですが、2.8開放のレベルでは、この写真のセッティングでもあるISO2500までがよさそうです。艶感。まだまだ磨けるはず。
飛行機の写真の魅力は、まだまだ尽きることはなさそうです。

すみません。見直したらF値は3.2でした。。。。
by qchan1531 | 2010-12-13 22:59 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(2)

SAM29000 そのに

APECの厳戒態勢の中、Air Force One が一直線に離陸して、辺りにはざわついた空気が。。。
まさにOrz! 

そして、もう1機。 この日のトリをつとめたSAM29000がいよいよエアボーンしました。

3. 連続写真でみると、浮いた次の瞬間にすこし、頭を戻して、低く飛び出しています。
吹流しも迫力に押されて、しなだれていますが、これぞジャンボ747(Boeing VC-25A)の離陸姿勢。
来てよかったあ。 写真撮ってきて良かったあ!と自己陶酔の瞬間。
c0101927_2371144.jpg


4. そのまま斜めにぐぐーっと上がってきます。 
水平尾翼端独特のアンテナが旅客機とは一線を画すフォルムを醸し出します。
c0101927_23131333.jpg


5. 数枚切ってから、首に掛けていたK10D+55-300mにすばやく持ち替え。
この構図は何十枚と撮ってきましたから、眼をつぶっていても切れます。(笑)
構図もピンもばっちり。やっぱり数年間ともにしている相棒は、絶大な信頼感です。
シャッターきった瞬間に結果が見えるときってありますよね? (クリックで1,600サイズ)
c0101927_23184470.jpg


6. そして最後のお楽しみが、この送りのshot.
ほぼ思っていた通りのラインにのって、綺麗にゆっくり旋回していきました。
写真撮影もさることながら、その美しいライン取りをみているだけで、うれしさがこみ上げてきます。
政府専用機とか、枠をはずしてもこの旋回は別次元の美しさ。
もちろん、ここまで低いおなじラインで飛んでいったジャンボはみたことがありません。
c0101927_22583936.jpg


その瞬間は、あっけないほど短い時間でした。
この飛行機が見えなくなった後、回りのフリークたちは、みんな疲れた表情。
でも全員が笑っている。自分に満足の笑顔です。
私はといえば、ちょっとシニアで元気なおかあさんに ”いまのがオバマさんの?”と聞かれ。。
あれは御付きの飛行機ですよ。 オバマさんはとんでっちゃいました。。と。
あわてて、"でもおんなじ。まったくおんなじ飛行機ですよ。”と。続ける。
そうよねえ。。と笑う、おかあさん。
次のAPECはハワイなんですか? 見に行くか。。。?
by qchan1531 | 2010-11-29 23:42 | PENTAX FA★200mm F2.8 | Comments(4)