B747 on 747

去年の夏。一日成田で撮影三昧の日。
説明はいりません。ジャンボです。
(世の中ジャンボというと大型飛行機の代名詞のようになっているようですが、
わたしの中のジャンボは、この飛行機B747だけです)

1. SQことシンガポール航空。なにをかくそうわたしが生まれて初めて乗った飛行機が、
このSQのMega Topでした。当時は知りませんでしたが、就航1ケ月経つかどうかのホヤホヤ便。
羽田-台北-シンガポール(トランジット)-ドバイ(トランジット)-ヒースロー(たぶん?)という
夢のような南回り便でした。(笑)
写真は、FA200にテレコンをつけた最初のころですが、残念ながらブレボケで質感がでていません。
c0101927_2010262.jpg




2. Red Tailであります。今回はこれにて。思い入れのあるエアラインなので、改めてupします。
c0101927_2012637.jpg


3. これは朝方です。お盆時期にずらりと並んだカメラの列を横目に、LHが颯爽と
通り過ぎていきます。
c0101927_20154787.jpg


4. BAのジャンボもきます。この機体は得意なほうですが、色合いが良くありませんね。
c0101927_20174097.jpg


5. 世界のケチエルエムことKLMロイヤルダッチエアラインです。
11月に撮影した同じジャンボにはアジアの名が入っていました。オペレーション拠点がアジアに
移管されたのでしょうね。Royalの名も時代とともにアジアに受け継がれるのでしょうか。
しかし、ロゴ下の大量の目隠しマドの向こうはどうなってるんでしょうね。
まさか、窓までケチLM??
c0101927_20184589.jpg


ジャンボが世界中の空から退いていくのが加速されているようです。
4発機ならではの信頼性という利点は、いまや燃費や騒音という地球環境の影に入ったまま、
出口は与えられないのかもしれません。
先月華やかな787の初飛行の影で、747の新型-8 Freighterの初飛行も静かに成功したことを
皆さんご存知でしょうか。日本では貨物輸送に活躍の場が与えられたことは、
救いかもしれませんね。 とっても静かなフライトですよ。

撮影:2009/8/15 晴れの日: 成田空港A滑走路周辺にてJPEG撮影です
   写真2,3,4はDA55-300mmほかはFA200に2倍テレコン2X-LマウントMF撮影です

※※そうだ!業務連絡です。ヨコハマノキタムラさんにPENTAXのFA200用テレコン
2X-Lが、昨日時点で¥10,800にて中古在庫されていました。割安だとおもいますので、
狙っている方は、コンタクトしてみてください。
ちなみに激レアのPENTAXリフレクッスの400-600mmなんてのもありました。
あと、Sigmaの135-400も。。。
by qchan1531 | 2010-03-04 20:50 | PENTAX FA★200mm F2.8
<< 雨の日は思い出集め ちゃ~りんこーに~のーって~ぇか >>