ジャンボへの想い尽きることなく

連休の最終日。
快晴、微風、午後から南風という予報のもと。
いままでになく万全の準備をして、時刻表をすべて手書きして。
そう。ジャンボがピークの運用になるその日に、離陸で23本、着陸で16本(国際線、KE含む)の
便名がメモに記された。
今日(あえてそういわせてください)は、くまなくいままでのすべての場所にまわるのだ。
そこで、ジャンボを撮り尽くす!

1. 朝の城南島海浜公園。ここは空港の北西に位置する。
今日の視程は30km。ただ昨日の雨が残っているのか万全とまではいかない。
8:34にやってきたのは、JL903便。JALジャンボの1便。すれ違いは、91便GMP行き。
定時運行はさすがのJALだ。
c0101927_22121460.jpg




2. ANAも負けていない。札幌と沖縄へ向けてそれぞれ上がっていく。1便がトラブルで遅れていたが、
JAL機よりも滑走距離、角度とも長く、低かった。
ジャンボの脚が地面を離れる瞬間を1,200mm画角でとるのは容易ではない。
向かってくる動きに上下の動きが加わるから。それを見越してレンズをふれば、ジャスピン写真が
手に入る。
ジャンボはアタマが動いてから、脚が離れるまでの時間が、777に比べるとはるかに短い。
c0101927_2230626.jpg



3. こっちのアタマも空っぽにして、機体を追い続ける。 この角度は、ちょっと古めかしく見えてしまう盲点。奥行き感の表現と、2階席への少しのシャドウがはいらないと魅力が半減してしまう。
c0101927_6162040.jpg



4. 私にしては引きの画です。(笑)ジャンボを真横からといっても、綺麗な瞬間は、そうそういくつも
ありません。この前でも、あとでもダメ。機体が前にのめったように見えたら、絶対ダメ。
でも、快晴なのにコントラストをいじって設定してる時点でジャンボは泣いていますね。
c0101927_23009.jpg



5. レジはJA8085とありますかね。コンフィグでいうと何になるんでしょうか。
といっても私はJALの-400国際線は乗ったことがないかもしれませぬ。(汗)
MAGIC5って何?って感じです。(大汗)
ジャンボといえば、トイレに行く振りして、列の一番後ろの小さな窓から、意味もなく外を見ているのが
大好きでした。あそこが、ジャンボの大きさを一番感じられるんです。(^^)
c0101927_2250739.jpg



6. 収差はでまくっていますが、なんとかピントをここまで合わせることができました。
こうやって、筋肉質というかグラマラスというか、曲線の妙を旋回の中で表現するのが、
私の一番のお気に入りであり、飛行機写真を撮る上での醍醐味であります。
最初のころは、何枚いつとってもボヤボヤだったなあ。
c0101927_6225672.jpg



7. 昼間になって、さてどうしようと迷っているところに、KE2707がやってきました。
どよーんと400mmで狙っていると、着陸の角度がなにやらのんびり気味。さすがKE!と感心していると次の瞬間。猛烈な黒煙とともに必死の上昇に入って行きます。
おおこれはゴーアラだわ!!ジャンボのゴーアラは機体が重い分、遠めでも迫力があります。
実は、このあとCランもバードストライクで、滑走路閉鎖。阿見ホールドは大変な騒ぎになりました。
それにしてもこの日の管制さんは朝から夕まで、気持ちの良いテンポでした。
もちろんあたりまえ??ですが、そういった無線の声も大事な撮影のモチベーションになるのです。
c0101927_626593.jpg


8. この写真は、いまのところコメントはやめておこうかなあ?なんて。(笑)
きっと明日の朝、たくさんの人が知ることになるでしょう。
c0101927_22421187.jpg



9. 13:55のGMP発。この飛行機を撮ることは最近はめったにありませんでした。
猛暑でひっぱった夏はメラメラですし、ねえ。
国際Tバック?を狙いましたが、どかーんと覆いかぶさってしまい。。
こいつも来月からは767?になるのかな?ジャンボ以外ならなんでも同じだ!
なんていったらジャンボにも怒られますね。
c0101927_6315838.jpg



10. ここからがもうひとつの本番。前に一度予習に来ましたが、今日は快晴。
やや追い風なのが残念ではありますが、ずーーと狙っていたのです。
4連ジャンボ。ジャンボらしさ、ここにありです。
ちょっとノイズがのってるのがなあ。 構図的にも落第です。
c0101927_2237592.jpg



11. ジャルジャルです。後ろに見える格納庫も見学させてもらいました。
ちょうど同じようにジャンボが降りていくところだったなあ。
c0101927_22124.jpg



12. 羽田空港がカメラマン泣かせなのは、その場所の東、南が海に面しているからです。
順光に輝くジャンボは、本当に美しい。しっかり記憶にとどめました。
c0101927_742984.jpg



13. 南東側から北東の京浜島へ。
いい陽気も手伝って、ものすごいカメラマン。ここは、BBQもできます。
考えてみたら、昼飯食ったのさっきだったっけ。機体は15:35発のGMP行き93便。
c0101927_2353130.jpg



14. もうここに8時間以上いるわけです。まったくアホだわなあ。
と京浜島のベンチでマッタリしていると、アプロ-チからランチェンの声が。
ほとんど反射的にカメラを片付け、その瞬間から夕陽の方角をイメージします。
この夏、ファインダーに穴が空くほどなんども通った??あの場所へ。
今日は千歳で買った、脚立も一緒です。
満足のいく一枚とはなりませんでしたが、これまたしっかり記憶に残る一枚となりました。
実は、この旋回ルートがみられなくなるのかと、思うと、なんとなく息が詰まるような思いになります。
c0101927_2212749.jpg



15. この写真は、Neat Image処理しています。
見上げる夜景写真は320や737など、小さな機体に向いているのですが、
そんなことはもうどうでもいいのです。
目の前にジャンボが通るのだから、そこに、すべての自分の思いをぶつけてやるのです。
c0101927_7363868.jpg


ここにupしただけで、15枚のジャンボ。まったく私は幸せモノなのだと思います。
ここまで熱中して追いかけたいものを、見つけることができ、見ることができ、イメージどおりに
切り取ることが出来るようになったのだから。
私は、これからもジャンボの姿を追い続けたいとおもいます。
そして、この日、ジャンボは、もうひとつ私に気づきをもたらしてくれました。
その気づきは、すぐに現実のものになりそうです。

これから今月末31日まで。新しさと現実の入り混じった、貴重な体験を、
存分に楽しんでいきたいと思います。
最後まで、この記事におつきあいいただき本当にありがとうございます。
by qchan1531 | 2010-10-13 22:01
<< 記念すべき一枚 #Airbus... 舞台裏にて >>