Ilyusin IL-62M

ロシアからのお客様、もう1機は、こちらIL-62Mであります。

1. 3kmさきの滑走路端で、いきなりキュイーンっという変な音が聞こえてきます。
そこからは、まさにジェットコースターでもあるかのような轟音。
ここまで引っ張るとは思いませんでしたが、ドンピシャの前がかりをみせて、機体がすごいスピードで水平移動してきます。
しっかり主張する後退翼、背後には、高い位置で存在感を誇示している水平尾翼。これです。これですよー。
ここで負けたら、あとのシャッターは全部だめ。集中がMAXになっていくー。
c0101927_21521814.jpg






2. 予想通り、黒煙を吹き上げながら、機体はますます加速してきます。
このあとのチャンスはないなあと思いながら、カチャっと。
ノイズもたっぷり乗りましたが、なかなかどうしてこの存在感。Ecoなんて言葉、ありましたっけ?
c0101927_21354183.jpg


3. 実はこの飛行機のホントにおいしいところは、ここからですよ。
エンジンカウルに刻まれた、Ил-62Mの文字。 ハイ。4発エンジンなんですよ。
強烈な加速スピードはここから出ているわけです。
テイルには、スキッド代わりのボタンのようなかわいい車輪がのそいています。
 
c0101927_2222647.jpg


4. そして極め付けがコレ!
美しいじゃあないですか。 晴れていたらメラメラに邪魔されて完全ボツかもしれませんが。。
c0101927_2273454.jpg


いやあ。これは目にも耳にも焼き付けられましたねえ。
合理的で無駄のないアメリカとは、一線を画す世界が、ここに確かにあります。
煙が画になる飛行機なんて、最近じゃあそうそうお目にかかれませんよ。
もう一度旋回してもどってくるんじゃあないか。工場の影に隠れ、音と煙だけが残る空をしばしぼーっと、
見つめていました。
by qchan1531 | 2010-11-16 22:09
<< 2006/11/4 14:32... Air Force One ... >>