着地点

着地点。
飛行機は空を飛ぶもの。しかし、目的地があり必ずどこかに着地する。(着水、着艦)
翼に揚力が残りながら、脚が着くその瞬間。
私が飛行機の魅力を感じるとき。ファインダーを覗きながら身震いしそうになる。

翼の長いB777. 滑空するような這うような着陸姿勢。
3軸のギヤがつく瞬間。
c0101927_21493190.jpg




ここ伊丹に来れば、誰もがきっと見ているだろう視線。
流す気持ちで撮っているが、この写真をブラさず撮るのは至難。地上に触れた瞬間。
浮きから走行に動きが変わるんだ。
c0101927_226359.jpg


西よりの風だろうか、飛行機はほぼすべて、左脚から接地していた。
なかでもこのJAL便は大きな傾き姿勢で接地した。そのあとは逆にふられ、左が浮いていた。
c0101927_21595331.jpg


千里川の光線状態はあまりよくなかったけれど、飛行機を浴びたい心境からすると、
光線なんてどうでもいいやと思える。
電動チャリを駅でレンタルしてきて、土手に止め、バックを取り出して、手持ちで構える。
同じ飛行機を撮るのでも羽田とはすべてが違う。そこには自分と同じ高さに着地点がある。
c0101927_22135369.jpg

by qchan1531 | 2011-04-23 00:17
<< ピンはあっている サボテンの花 >>