焼き直し

2010年6月2日.
その日夕方に代々木のmap rentalさんに寄って、成田に向かったのです。
車には、D3sとAF-S Nikkor300mm f2.8 VR-II そして2xのテレコンも。
夜の9時過ぎ。カターリがやってくる。
自分の中でISO3200と決めていたので、シャッターは刻々変わる。
このとき1/25秒。転回した飛行機に、速い、速いとつぶやいている自分。
なにもかもが初めての中で、気持ちをどうやって抑えるか。そればかり考えていた。
c0101927_16345154.jpg


ACはあまり撮ることはないんですけど、このときは来るものは獲物みたいに、
ガツガツシャッターを切っていました。なんだ、結構よく写ってるジャン。
c0101927_1736447.jpg




夕方のSQ便。 いまひとつ光のコントラストが出ていませんが、
設定だったのか、仕様か、いやはや撮りての腕でしょう。。
c0101927_17535416.jpg



こんな写真ばかり撮っていました。フルサイズプロ機のファインダの良さ。
とにかく隅々まで明るく見やすい。高感度もあいまって、VR切って撮っていたりしました。
c0101927_1894637.jpg


エアカレドニーといえば夕方、夜の典型。
うれしかったなあ。
c0101927_1820741.jpg


既出の写真かもしれませんが、シャドーの印象はぜんぜん違うはずです。
最近の写真、ツール機能の代名詞は、シャドー補正。
ハイライトが飛びやすいデジタルカメラの最大の強みのひとつ。
以前記事では完全にシャドーが埋もれています。
c0101927_2053547.jpg

※Lightroom 4 でもう一度焼きなおし。D3sのWBのすばらしさが、今になってわかる。
またやってみたいな。328はすばらしい宝石のレンズ。
by qchan1531 | 2012-09-23 16:46
<< 金曜どうでしょー? 前編 34の季節 >>